2011年03月02日

な、直美ちゃん!!

聖飢魔llの映像をYoutubeで漁ってたときに、たまたま見つけたACE長官の小悪魔活動でのソロライブ映像。
も、もしやと思ってみたら、やっぱり当時コーラス参加していた直美ちゃんが映ってるじゃないですか!!
しかもアップで!!(笑)



見た瞬間、涙が出そうになりましたよ。
けど、この映像の存在、今の今まで知らなかった不届きモノパウ信者、じゃねぇ!(笑)パウファンは私だけですか?
posted by 紫晶 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | etc…… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

もしも時が戻せるなら

たいっへんおひさしぶりでございます。
いやこのblog、更新したいネタが時折あっても、それをなかなか文章にできなかったりしたんですよねぇ。
でも今年は聖飢魔llの再々集結で、聖ll絡みでいろいろネタも出てきたので、それらを書きとめたり、つぶやいたりしたいと思います。

そんなことで、聖ll関連の某掲示板をのぞいていたら、その昔、新宿厚生年金であった聖llミサの前座をパウが演ったという書き込みをみたのですが……。

えぇ〜〜〜!!
そんなことありましたっけ?
いや覚えてない……。

あ〜でも、当時は仕事の都合もあって、簡単に東京にはいけなかったから余計おぼえてないのかもですね。
だけど、そんな貴重なミサ、時が戻せるならぜひ見てみたかったとつくづく思います……。
posted by 紫晶 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | etc…… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

「ケンカ番長」宮村優子

ケンカ番長

おひさしぶりです。
いつまで放置しておくんだと、深く反省し、またぼちぼち更新していこうと思います。

あ〜さてさて、千弘さんが声優の宮村優子さんに提供した曲「The song for girl」が聞きたくて、宮村優子さんのアルバム「ケンカ番長」を中古で購入しました。

聞いた感想ですが
「ああ、パウの曲だなぁ」
としみじみ感じました。
活動休止してから一年ほどしかたっていないころの提供曲だからでしょうか?
パウが演奏していても、なんら不思議じゃない曲じゃないかなぁと思ったのですが……。
もしかして、「ずっとひみつ」や「きっとOK(今はラ・ラ・ラ)」と同じように、ライブで演奏されていた未発表曲なのでしょうか?

ともあれこの曲を、ぜひ直美さんのボーカルで聞いてみたかったなぁと切実に思うのと共に、千弘さんが他のアーティストに提供した曲を、まとめて一枚のアルバムで聞いてみたいと強く思いました。
posted by 紫晶 at 16:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 千弘さん提供曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

そういえば?

え〜、本blogのほうで、ZELDAのことを書いているうちにふと思い出したんですが……。
パウのライブで、千弘さんや、アコピー、憂紀ちゃんは、スティックや、ピックを客席に投げていましたっけ?

パウのライブには、何度も行っているのに、どうしてそういう記憶がまったくないの?(笑)
posted by 紫晶 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | etc…… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

ベルベットパウコミュ

MIXIにベルベットパウコミュってあるんですか?
参加したい!ハゲシク参加したい!!
しかし、MIXIに招待してもらうツテがない……。

ここで、「どなたか招待してくださいませんか?」と誘い受けしたら、お誘いくるかしら?

うわぁ〜ん、ホントにホントに参加したいです。
どうかお願いします!!


6月14日追記
誘い受け成功!(笑)
FIK様、本当にありがとうございました。
posted by 紫晶 at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | etc…… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

今だから思うこと

聖飢魔llのデビューから再集結までの裏側を綴った本「聖飢魔ll激闘録 ひとでなし」を読みました。
その本についてはこちらをご覧いただくとして。

信者であり、パウのファンでもある私としては、ここに書かれた裏の事情は、同じ事務所であり、マネージャも同じだったパウにも、少なからずいろいろ影響があったんじゃないのかぁと、ふと思った次第です。

そういえばパウが事務所を移籍する前、当時聖飢魔Uとパウのマネージャーを兼任されていたMさんを、間近でみたことがあります。
確か、「目覚めるまで」が発売された時のライブではなかったでしょうか?
ライブが終わり、出口にむかって階段を下りていると、下からどこかでみた風貌の男性が駆け上がってきて……。
同行していたやはり聖飢魔ll信者の友人と共に、「あっ○○ちゃん!(当時、閣下たちが読んでいたM氏呼び名)」と大声で叫びそうになりまして、「ひとでなし」のM氏のインタビューを読みながら、そんなことを思い出していました。
posted by 紫晶 at 22:19| Comment(4) | TrackBack(0) | etc…… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

オムニバスアルバム

たいっへん、ご無沙汰しておりました!!ふらふら
約半年ぶりの更新となること、どうぞお許しください。
さて時系列からいうと、デビューアルバムについてのエントリになるはずなのですが、それはまた後にして、今日たまたまこういうモノをみつけてしまいました。

Girls Style(2) ― 20th century ガールズバンド編

曲目リストに注目すれば、パウの「太陽をつれて」が収録されているじゃあ、ありませんか!!
いやぁ、パウがこういうオムニバスアルバムに収録されてるなんて思ってもみなかったので、びっくりしてしまいました。

それとも、パウファンの間ではこのアルバムの存在は周知の事実で、今頃知った私は、ファン失格でしょうか?

だけどこのアルバムで、パウを知ったという方がいれば、ちょっと嬉しいなぁと思いました。
posted by 紫晶 at 19:09| Comment(3) | TrackBack(0) | その後…… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

コーラス参加

先日の、聖飢魔Uの「STAINESS NIGHT」に千弘さんがコーラス&キーボードで参加していたという話を、パウファンの中でもご存じない方がいらっしゃるようなので、聖飢魔U関連でパウのメンバーがコーラス参加したCDについて、ちょこっとふれてみようかなと思います。

まずは、デーモン閣下が小暮伝衛門の名で発表した「好色萬声男」ですね。
このアルバムの4曲目「THOSE WERE THE DAYS」に直美さんと千弘さんが。
そして、8曲目の「穴があったらでたひ」になんとパウのメンバー全員(直美さん、千弘さん、祥子ちゃん、アコピー、おますちゃん)がコーラス参加されています。
といっても「穴があったらでたひ」のコーラスは人数が多いので、パウのメンバーの声を容易に聞き取ることは出来ませんが(笑)
コーラスを堪能するなら「THOSE WERE THE DAYS」ですね。
千弘さんの声、印象的でした。

そしてエース清水長官の「TIME AXIS」
こちらでは千弘さんお一人が、4曲目「Waking Up」10曲目「Higher-Self(Silent eyas,Silen heart)」に参加されています。
このCDでの千弘さんの歌声はホント良いですよぉ〜。
4曲目の「Waking Up」もいいですが、特に10曲目の「Higher-Self」での、影のボーカルのようにも聞こえる歌声が、すごく好きです。
そして余談ですが、この「TIME AXIS」が発表された当時、エース清水長官のソロライブも開催されたのですが、そのライブには千弘さん、そして記憶違いでなければ直美さんがコーラスとして参加されました。
お二人目当てで(エース宗の皆様ごめんなさい!)ライブに行きたかったのですが、諸々の諸事情で行くことが出来ず、涙をのんだ覚えがあります。
もしここをごらんになっている方で、当時のライブの様子を覚えておられる方がいらっしゃいまいしたら、なにかコメントいただければ幸いです。



そんなことで、パウメンバーがコーラス参加というこの貴重なCD。
残念なことながら、すでに生産中止になっているので、今は手に入りにくいようです。
デーモン閣下の「好色……」は、まだ探せば手に入るようですが、エース長官の「TIME AXIS」は難しいようで、今も探していらっしゃる方が多いようですので……。

ですが、もしなんらかの機会があれば、ぜひ聞いていただきたいと思います。

2006年01月16日

聖飢魔U再集結最終ミサ

昨年の12月26日に行われた、聖飢魔Uの最終再集結ミサ。
これに、SHOW-YAの寺田恵子姐さんが参拝しに来ていらしてたっていうのは、もう有名な話ですよね。
で、ふと思ったのですが、信者に知られてなかっただけで、ひょっとしたらパウのメンバーも見に行ってたのかなぁって……。

私は大阪でのミサのみの参拝でしたが、ひょっとして東京のミサに参拝したら、もしかして隣にパウのメンバーが坐っていたなんてこともありえるかもしれませんよね?
そうだったらいいのになぁと、ちょっと思ったりしました。
posted by 紫晶 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | etc…… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続「第1回せみ話」

お久しぶりです。

長らく滞っておりましたが、またぼちぼち更新していきたいと思っております。


さて、それでは前回ご紹介した「第1回せみ話」
その全容をご紹介しようと思います。

そもそもは、デーモン閣下のオールナイトニッポンでの1コーナー。
「月曜ナイトスクリーン」が、話しの発端でした。

この「月曜ナイトスクリーン」というコーナーは、自分で勝手にでっち上げた映画の、その予告編をラジオでおもしろおかしく紹介しよう!というコーナーなのですが、そのコーナー内で「せみ物語」と題して、せみの一生を描いた(とする)作品の予告編を書いてきたハガキが読まれました。
このハガキに閣下も当時一緒に出演されていたルーク参謀も、大変ウケておられたのですが、その際、「最近、なんかせみの話したよな?」と閣下が思い出されたのがパウの事だったのです。
閣下はそのまま、当時の所属事務所、代々木悪魔寺(ミュージックチェイス)から新しく「ベルベットパウ」というバンドが夏か秋にプロデビューする、とお話始められました。
このベルベットパウというバンドはリーダーの千弘さんが高校生のころからすでに10年ぐらいやっているバンドだけれども、何度もプロデビューの話が出るのに結局は決まらない。
プロになれそうだプロになれそうだと言われ続けて10年も費やしてしまったのを称して

「まるでせみのようなバンドだ」

とおっしゃったのでした。
続けて、「女の子バンドだと、せっかくデビューしてもあららっという間に散ってしまって、せみみたいに可哀想な事に……云々」なんてこともおっしゃったので、参謀から「そんなこと言っちゃいけないよ」と窘められれる一幕があったのでした。

この放送では、改めて「STAINESS NIGHT」のキーボード&コーラスを千弘さんが担当したことや、パウがテクニックを駆使したプレグレバンドであること。
そして、デビューアルバムはポップな変拍子?の曲になる予定であることなどもお話され、それまでほとんど知る事のなかったパウの情報を、一部だけでも知る事ができて、すごく嬉しかった記憶があります。

そして、このセミ話はパウがデビューしてからも続くのでした。
posted by 紫晶 at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 初期(デビュー前後) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。